​理事長所信

【はじめに】

2021年度、一般社団法人美濃青年会議所第58代理事長を務めさせていただくにあたり、責任の重大さを痛感し、身の引き締まる思いで一杯です。創立以来、先輩諸兄の努力により築き上げられた歴史と伝統、そして志を継承し、そのうえで今の美濃青年会議所が在ることを心に留めて、感謝の心で活動したいと思います。

昨今、世界的に蔓延する感染症の影響により、仕事の在り方や生き方について考えさせられる世情となり、更には様々な変化が起き続ける中で、先行きの不透明感や不安を感じながら生きるのが日常的なこととなりました。しかし、そんな状況であっても、企業・地域のリーダーを目指すことを決断した私たちがこれからの時代をつくっていくことに変わりはなく、こんな時だからこそ青年会議所運動の意義や可能性を再認識し、人の役に立つこと、地域に必要とされる活動をより活発に行う必要があると思います。

私たちが光明となり地域を元気にするため、そして「明るい豊かな社会の実現」を目指して、メンバーが前向きな気持ちで高め合い、一丸となって行動していきたいと思います。

 

【青年会議所の必要性】

「明るい豊かな社会の実現」という理想のもと1949年に始まった日本青年会議所の運動は、今や70年余り続き、美濃青年会議所においては58年目となります。時代は変わり、価値観や考え方が変化し続ける中にあっても、私たちは受け継がれてきた三信条である「修練・奉仕・友情」のもと活動を続けていますが、これは人として豊かに生きるための不可欠かつ普遍的な行動指針と言えます。そして、20歳から40歳までの活動期限は私たちに与えられた成長の好機と考えます。

私たちの多くは小・中学校等の学び舎において、また親や友人、上司との関わりの中で愛情や知識を深め、そのおかげで社会人として立派に生きていくことができます。しかし、企業・地域のリーダーを目指し更に成長していくためには、それに留まらず常に同じ志を持つ仲間とともに公共心を養い学び続ける必要があります。青年会議所においてはその仲間との出会いの中で、学校や一般的な企業活動ではできない体験、組織運営に敢えて取り組むことで更に見識を広め、多方面からの問題全てに対応できる人間力を高めることができます。

私たちは体力と気力が充実する時期において、同じ時代を生きる青年たちと刺激し合い、限られた時間の中で次のステージを目指すからこそチャレンジ精神や閃きを生み出し、大きく成長できるのだと思います。そしてその精神と理念は先輩から後輩へ、次の世代からまた次の世代へと受け継がれ、一層地域に貢献できる人材が育ち、増えることで地域が元気になり、元気な社会づくりが続けられています。この親から子へ受け継がれるように連綿と続く運動の連鎖は、とても尊いことではないでしょうか。

青年会議所はまさに人生の学び舎と言えます。そして、繁雑とも言えるプロセスから学び、大切な信念のもと若い力で地域を元気にし続ける運動。それが青年会議所です。私たちは自分自身のため、仲間のため、地域のためにこの運動を次の世代につなげていく必要があります。

 

【組織力の向上について】

青年会議所運動は、地域に根差した組織であるLOMの活動が基盤であり、LOMが元気に活動すればその元気が地域に波及し、地域が活性化します。それは私たちが住まう美濃の地にも言えることで、活動を気にかけてくださる方や、私たちメンバーの元気な姿に未来への希望を感じ喜んでくださる方は少なくありません。それ故に、私たちは一層前向きな気持ちになることで組織の力を高め、更に地域に貢献していくべきであり、組織が縮小傾向にある今は尚更のこと各々が活動への意識を高め、組織の士気を高めること、つまり組織力を向上させることが必要です。

美濃青年会議所はこれまで大きな事業や役割を務めてきましたが、過去を振り返ると、決して多くのメンバーが在籍していた時ばかりではありません。限られたメンバーで見事にやり遂げたことが何度もあります。ではそれができたのは何故でしょうか。それは、その時々の先輩諸兄が、地域における青年会議所の存在を大切に思い、責任をもって、受け継がれてきた志を次世代につなぐべくリーダーシップを発揮されたからだと思います。私たちは、組織が縮小し活動経験の短いメンバーの割合が増えている今こそ、また、この先様々な挑戦をする時のためにも、そのような活動を振り返り、足もとを見つめ直すことが必要です。そしてこの先の活動について考えることで、メンバー各々の意識は高まります。またこの変化の激しい中、リーダーにとって必要な心構えを学ぶことは企業活動への力にもなり、組織の士気を高めるために必要なことです。

組織力を向上させることは、挑戦への気運を高め、メンバーの積極的な行動につながります。ぜひ皆が前向きな気持ちで良い影響を与え合いましょう。そして元気に活動し、未来を切り拓きましょう。

 

【地域の希望となる人材の育成】

地域の発展に貢献するには、この先地域においての希望となる人材の育成が不可欠です。それには、地域のリーダーを目指す私たちが成長に向けて学ぶことはもとより、地域の宝である子どもたちの成長につなげるべく尽力することが必要です。

私たちが子どもの頃は放課後や休日には野山で寝転んだり、草や木に触れたりしながら開放的な気分で楽しむのが日常的なことであり、そこから様々な気づきを得ることができました。そしてその体験は、郷土で過ごした良き思い出として心に残り続けています。しかし、今の子どもたちを取り巻く環境は以前と比べて様変わりしています。習い事やゲーム、SNSの利用に多くの時間を割くようになり、自然の中で気づきを得る体験が少なくなっていると感じます。

私たちの地域には豊かな森林や山並みがあり、自然に恵まれています。その身近にあることで当たり前に感じていた地域の自然に関して学ぶことや、自然の中で楽しむ体験をすることは、地域の良さを再認識することとなり、地域への関心を高めることにつながります。そして、閉塞感を感じ、制限された世界で生活していく可能性のある今の子どもたちにとっては特に、その体験を通じて気づきを得ることが豊かな心を育む良いきっかけにもなります。そしてそれは、将来郷土に恩返しをしたいと思うことや、郷土への愛着を持つことにつながると思います。私たちは、地域の明るい未来の創造につなげるべく、自らが学ぶとともに、思いやりをもって子どもたちに気づきの機会を提供する必要があります。

 

【会員拡大について】

「仲間づくり」である会員拡大活動は、そのプロセスにより青年会議所運動の良さを伝え広めることとなります。またその成果によって、志をもったリーダーを増やし各企業、そして地域の発展につながるという意味合いにおいて、まさに重要な地域貢献活動であると言えます。組織が縮小傾向にある中、また地域においては人口減少が進み、自然とメンバーが増えることが考えにくい現状においては特に、意識的に会員拡大活動に取り組む必要があります。

会員拡大活動を推し進めるうえで必要なことは、まず入会候補者の情報とメンバーの意識の共有です。しかし美濃青年会議所は現状、その対応が十分ではありません。そこで、メンバー全員の協力のもと今一度情報を共有し、皆が活動を意識することで組織全体の活発な行動につなげたいと思います。そして、入会候補者と接する中で、美濃青年会議所の良さを知っていただくことを通じてメンバーの増員につなげたいと思います。ぜひ皆で協力して取り組みましょう。

 

【他LOMのメンバーとの活動を通じて視野を広げる】

世界中の同志と出会い、つながることができるのが青年会議所の魅力の一つです。積極的に他LOMのメンバーとの活動に参加することで視野が広がります。それは、固定観念を取り払うこととなり、自分では気づかなかった柔軟な発想やアイデアが生まれるきっかけとなります。悩んでいたことがとても小さなことに感じられるようになったり、些細な出会いによる会話がビジネスの発展の糸口になることもあり得ます。また昨今は、各地でWEBの公開セミナーが行われており、自宅に居ながら他地域のメンバーとともに学び、交流することが可能です。自ら積極的に情報を取りに行く気持ちさえあれば、短い時間で他地域の事業構築・運営の手法を知ることもできます。もしこの先活動に行き詰まってしまった時には、心と体を休めることも大切ですが、敢えて他LOMのメンバーとの活動の場に足を運び、様々な情報に触れることも必要だと思います。そこにはきっと、新たな一歩を踏み出すための気づきや、LOMの活動の幅を広げるためのヒントがあると思います。

 

【結びとして】

私は美濃青年会議所への入会以来、先輩諸兄をはじめ仲間との様々な出会いがあり、多くの学びを得ることができました。リーダーシップや礼節の大切さ、また時には自社においての仕事の仕方に至るまで様々なことを先輩諸兄から教えていただきました。苦い思いや恥ずかしい思いを沢山することで気づきを得ることもできました。先輩諸兄や父が残した資料を読んで自分も頑張ろうと奮起できたこともあります。大げさではなく、それらの経験がなければこれまで元気に生活することができなかったと思います。

青年会議所では、明るい豊かな社会の実現を目指した運動のプロセスが自己を成長させます。一見無駄に感じることでも一つひとつ一生懸命取り組み、未来のためにその活動の軌跡を残していくことが大切だと思います。

「未来につなげよう」そんな強い思いが青年会議所の運動を意義深いものにすると思います。そして、私たちが思いやりをもって前向きに活動すればLOMが成長し輝き、LOMが輝けば地域が輝きます。私たちの成長のため、希望溢れる地域の創造のために、一緒に挑戦していきましょう。